印刷

広告としての価値が高い

フライヤー印刷のサービスは、様々な場面で利用されており、大規模な企業から個人まで、多様な使われ方をしています。フライヤー印刷を専門の業者に依頼すると、指定されたテンプレートから細かくデザインを設定することができます。

詳しく見る

色見本

どこか便利でお得か

フライヤー印刷を頼むなら地場の印刷所とネット印刷を上手に使い分けるのがよいでしょう。それぞれに有利をなる場合がありますので、特性を理解して自社のおかれた状況に合った方を選ぶとコストを抑えてフライヤー印刷を行う事が出来ます。

詳しく見る

男性

適した用紙やデザインに

フライヤーとは、チラシよりも小さなサイズの広告用印刷物です。フライヤー印刷は、種類に合わせて依頼することが大事です。折らないタイプの場合、配布しやすいようにと厚手の用紙を選択します。折るタイプの場合、三つ折りなら三分割にするといった具合で、折り目に合わせてデザインします。

詳しく見る

女の人

データ入稿の注意点

フライヤー印刷を業者に依頼する場合、費用だけに注目しがちですが、初めて利用される方はデータ入稿の際に気を付けておく注意点も把握しておきましょう。例えばカラーモードをCMYKに設定しておく、指定の解像度やデータサイズを確認しておくなどがあります。

詳しく見る

CMYK

依頼するメリット

フライヤー印刷は、印刷会社によく任されています。依頼することで、発色の良い美しい仕上がりにより、高い宣伝効果が期待できるようになるからです。精度も高いので細部までクリアに印刷されますし、シワが入るといったトラブルの心配も基本的にありません。また、1部あたりのコストや手間暇が少ない点もメリットです。

詳しく見る

料金で比較する

広告

仕上がり具合を参考にする

個人でも手軽に発注できるものの一つに、フライヤー印刷が挙げられます。最近はフリーで働く人も増えてきていることから、宣伝方法としてフライヤー印刷をすることも多いのです。その際、専門業者に頼んで印刷をしてもらいましょう。また、インターネットで発注できるところが多くなっています。これなら手間もかからず、とても楽です。それに料金もホームページで事前に調べることができます。できれば、料金の安い業者を探してみましょう。そのためには、いくつかの印刷業者を比較してみることをお勧めします。それから、フライヤー印刷といってもどんなふうに仕上げてもらいたいのか、希望を明確にしておくことも大切です。自身の思う仕上がり具合にしてくれる業者を探してみましょう。多くの業者は自社のホームページにこれまでの実績を載せています。こんなふうに仕上がったというような参考例を見てみましょう。単色刷りのものであってもデザインが奇抜だったり、工夫されていたりすれば、宣伝法としては十分なはずです。単色刷りの場合、当然のことながら費用はカラー印刷よりも安く仕上げることができます。この点もよく比較しておきましょう。もちろん、何枚刷るのかといった点からも費用は異なってくるので、この点も比較する対象となります。最近は多く刷れば刷るほどお得となる印刷業者が増えてきているため、できるだけ多めに作っておくといいかもしれません。いずれにしても、フライヤー印刷を発注する目的に合った業者を選ぶことが大切です。

オススメ記事