依頼するメリット

CMYK

仕上がりとコスト

フライヤーは、印刷機やプリンターがあれば個人でも作ることが可能です。しかし個人でのフライヤー印刷の場合、機器のグレードや状態によっては、美しい仕上がりにならない場合があります。たとえば発色が悪く、原稿と比較すると色褪せて見えたり、色濃く見えたりすることがあるのです。また白い筋が入ったり、小さな字が潰れて見えなくなったりするケースもあります。フライヤーは、多くの場合は販売促進など広告宣伝に使われます。しかし美しくなかったり、内容を確認しにくかったりすると、高い宣伝効果が期待できなくなります。また、逆に客に悪い印象を持たれてしまう可能性も生じてきます。そのことからフライヤー印刷は、印刷会社に任されることがほとんどです。印刷会社なら、業務用の高性能な印刷機でフライヤー印刷をするので、美しい仕上がりになります。具体的には、発色についてしっかりと考慮されるので、原稿の色合いが忠実に再現されたり、原稿よりもむしろ色鮮やかになったりします。もちろん白い筋が入ることはなく、さらに精度の高さから、小さな字でもクリアに印刷されるのです。さらに、紙詰まりやシワといったトラブルが起こる可能性も著しく低く、万が一起こった場合には、やり直してもらえます。それでいて印刷会社によるフライヤー印刷では、かかるコストも少なめとなります。部数にもよるのですが、一般的には1000部を超える場合には、印刷会社に依頼した方が1部あたりの費用負担が少なくなります。もちろん自力と比較するとかかる手間暇も少ないので、その点もメリットです。

オススメ記事