どこか便利でお得か

色見本

地場とネットの2択

フライヤー印刷を効率よく行いたいとは、どの会社・組織でも考える事です。フライヤー印刷に関しては、基本的に地場の印刷所に依頼するパターンが多かったのですが、現在はネット印刷も大きな勢力となっています。それぞれによい所があるので、ポイントを見て行きましょう。まず地場の印刷所の利点ですが、何といっても小回りが利く、という点が挙げられます。例えば急ぎのフライヤー印刷が発生してしまったり、小ロットのフライヤー印刷を頼みたい場合には、地場の印刷所に依頼するほうが費用面でかなり有利といえます。自分で原稿持ち込み、フライヤー受け取りを行えば、運送料も要らなくなります。ただし、これには日頃からの継続的な取引関係が重要で、一回限りの注文だとなかなか受けてはくれないので、始めの関係作りは大変な面があります。一番良いのは知り合いの紹介を利用する方法です。最初は大変ですが、一度取引が開始されると長く付き合えるので、是非とも1社は地場の印刷所を確保しておきたいところです。ネット印刷の場合には、ロットの大きなフライヤー印刷の注文やあるいは納期が長くても構わない場合などにコスト面で有利となります。ネット印刷の場合の不利な点は送料ですが、ロットが大きくなれば送料無料にする業者もいますし、納期が長くなるだけで費用もどんどん下がるので、長期にわたって使うフライヤーなら計画的にネット印刷に出したほうが有利です。フライヤー印刷にはこのように状況によって向き不向きがあるので、上手に選択をしましょう。

オススメ記事