データ入稿の注意点

女の人

設定を確認しておこう

学園祭や各イベント、新商品などを宣伝する時にフライヤー印刷を利用して宣伝する方法が一般的です。フライヤー印刷は自宅にパソコンやプリンターがあれば簡単に作業する事は出来ますが、部数が多い場合はフライヤー印刷業者に依頼する方が返ってコストを下げる事が出来ます。業者にフライヤー印刷を依頼される場合に、気を付けておく注意点もあるので覚えておくと良いでしょう。最も重要な事はデータ入稿を行う際に指定のデータ処理を行なっておく、と言う事です。データ入稿は各業者のホームページからメール等で送る事が可能ですが、デザインソフトを利用する場合はカラーをCMYKに変更する必要があります。各ソフトによって変更方法は異なるので、デザインを描く前に確認しておきましょう。そして、文字などのフォントは必ずアウトライン化を行っておきましょう。お持ちのパソコンで確認した時にフォントが表示されていても、業者が確認した際にアウトライン化を行なっていないと表示されない場合があります。フォントなどは図形化して、どのパソコンでも表示出来るようにしておきましょう。そして、トンボやトリムマークと言った枠に注意してデザインを描いていきましょう。業者のホームページでは、データ入稿用のテンプレートをダウンロードできる所も多いので一度確認しておくと良いでしょう。その他にもデータサイズ、解像度にも気を付けて処理を行っておきましょう。分からない事がある場合は業者に相談してからデータ入稿を行いましょう。

オススメ記事